주요 기사 바로가기

<サッカー>“独島セレモニー”朴種佑「洪明甫監督に感謝」

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2012.08.23 11:02
0
「洪明甫(ホン・ミョンボ)監督に感謝しています」。朴種佑(パク・ジョンウ)が22日、昌原(チャンウォン)サッカーセンターに姿を現した。朴種佑は慶南FCとのプロサッカーKリーグ第29節に出場するため、この競技場に来た。先発メンバーには含まれなかったが、交代メンバーに名を連ねた。

朴種佑は11日、ロンドンオリンピック(五輪)3位決定戦で韓国が2-0で日本に勝った後、「独島(ドクト、日本名・竹島)パフォーマンス」をした。IOC(国際オリンピック委員会)はこれをIOC憲章第50条違反と見なし、朴種佑は12日の表彰式で銅メダルを受けることができなかった。

アン・イクス監督は「スポーツだけに没頭するべき状況だったのに残念だ」と語った。試合前に記者団に会った朴種佑は慎重に口を開いた。朴種佑はこの日午前の記者会見で、自分を擁護する洪明甫(ホン・ミョンボ)監督に感謝の気持ちを表した。

洪監督はソウルサッカー協会で記者会見をし、「朴種佑選手が表彰台に立つことができず残念だ。

十分にメダルを受ける資格がある選手だ」とし「行政的な問題は慎重に行われるべきだと思う」と述べた。

これに対し朴種佑は「洪明甫監督の言葉に感謝している」と答えた。朴種佑は当時の状況を振り返りながら、「ある若い方が紙を出していたので何も考えずに受け取った。そんなに大きな問題だとは知らなかった」と偶発的なハプニングだったことを明らかにした。続いて「表彰式に行く途中、メダルを受けられないという話を聞いて驚いた」とうな垂れた。

朴種佑は言葉を控えた。一言一言に慎重だった。普段は記者団を明るく迎える朴種佑は「決定が出るまでは何とも言いがたい。すべて決定が出た後にお話しする」と謙虚にインタビューを断った。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <サッカー>“独島セレモニー”朴種佑「洪明甫監督に感謝」

    2012.08.23 11:02
    뉴스 메뉴 보기
    朴種佑(パク・ジョンウ)。
    TOP