주요 기사 바로가기

「アップルの4年間の努力をサムスンが3カ月間でコピー」=最終弁論(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.08.23 10:40
0
サムスンは家電デザインが技術進化により避けられずに類似することがあるという点も強調した。バーホーベン弁護士は「過去にはテレビにスイッチがつけられていたが、リモコンとLCDのように関連新技術が出てきたことでテレビからボタンが消えるなど、機能によりデザインが変化した。スマートフォンでもタッチスクリーンのような技術進化のため(画面を拡大し、ボタンを下に下げる)変化を経るほかはない」と陪審員を説得した。バーホーベン弁護士「アップルが角の丸い四角形に大きなスクリーンというデザインに対し独占権を持っていると考えているのは驚くこと。アップルは消費者がiPhoneやiPadと混同してサムスン製品を購入したといういかなる証拠も提示できなかった」と指摘した。

最終弁論に先立ちルーシー・コー判事はこの日午前9時30分から陪審員に評決ガイドラインを読み上げた。ガイドラインは陪審員が特許侵害の有無を判断するのに必要な指針だ。109ページ84項目で構成されている。コー判事がガイドラインを読むだけで2時間30分がかかった。コー判事は長時間ガイドラインを聞かなければならない陪審員と傍聴人に配慮して10項目を読むたびにストレッチをするよう薦めた。

陪審員は22日から評決のための熟考に入る。業界では最終評決まで多少時間がかかるものとみている。5月にグーグルの基本ソフト(OS)の「アンドロイド」がオラクルが持つ特許を侵害したかを判断した訴訟でも複雑な内容のため陪審員が最終弁論後に評決を出すまで1週間かかった。
「アップルの4年間の努力をサムスンが劂カ月間でコピー」=最終弁論(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP