주요 기사 바로가기

アップル「デザインをまねた」vsサムスン「独創性もないくせに」(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.08.01 08:45
0
サムスンとアップルの特許侵害本案訴訟審理が先月30日、米サンノゼのカリフォルニア北部地方裁判所で開かれた。今回の裁判はアップルが昨年4月にiPhone・iPadのデザインとユーザーインターフェース関連特許をサムスンが侵害したと提訴したことで始まった。これに対しサムスンはアップルが自社の移動通信技術特許を無断で使ったとし真っ向から対立した。ルーシー・コー連邦判事はこの2つの裁判をまとめ1週間に3~4回の裁判を開く「集中審理」方式で進める。結果は1カ月以内に出される。

IT業界ではこの裁判を「世紀の裁判」と呼んでいる。判決結果は9カ国で進められている31件の特許侵害訴訟裁判に影響を及ぼすことになり、これはIT業界の権力地形図を変えることになるという点からだ。

両社の一歩も引かない攻防は裁判開始前に提出した準備書面から出てきた。アップルは「iPhoneをまねすることで一貫したサムスンの内部文書がある」と主張し、サムスンは「アップルがソニーをまねた証拠がある」と反撃した。サムスンは裁判所にアップルがスティーブ・ジョブズの写真を見せられないようにしてほしいと要請し、アップルはiPhoneのデザインがソニーまねたという内容を除くよう求めたがコー判事は双方の主張を全て棄却した。

アップルがサムスンのデザイン特許を侵害したのかに対する争点は2種類だ。アップルのデザインが独創性を認められるほど独特なものかということと、サムスンが本当にアップルのデザインをまねたかということだ。iPhoneのデザインが独創的でサムスンがこれをまねたと認められればアップルが勝利することになる。サムスンが主張しているアップルの通信技術特許侵害はモバイルフォンの3G機能とMP3再生技術などだ。サムスン電子はアップルがサムスンの特許技術を無断に利用したので売り上げの2.4%を受け取らなければならないと主張しており、アップルはサムスン電子の特許侵害によって純益と売り上げに損害を受けたとして賠償金として25億ドルを要求した状態だ。


アップル「デザインをまねた」vsサムスン「独創性もないくせに」(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP