주요 기사 바로가기

韓国大統領「日本は友邦だが、慰安婦は人類普遍的価値に反する」(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.08.16 08:41
0
◇「対北朝鮮政策の効果」=南北関係については、従来の対北朝鮮政策の原則の再確認と北朝鮮の変化への注目を骨子とした。北朝鮮が非核化を通じて誠意ある変化を見せる場合、積極的に支援する方針を再確認し、人道的支援の可能性が開かれているというメッセージも込めた。

一部で期待された南北関係に関する「サプライズ提案」はなかった。これについては任期末という時間的制約を考慮したという分析が出てくる。その代わり李大統領は「外部に表れている様相とは違い、その間の原則である対北朝鮮政策が実質的に相当な効果を出し始めたと評価する」とし「もう北朝鮮も現実を直視し、変化を模索しなければならない状況になった」と述べた。最近の北朝鮮の変化の兆しが現政権の対北朝鮮圧力から始まったという認識だ。韓国哨戒艦「天安」・延坪島(ヨンピョンド)事件には言及しなかった。

青瓦台関係者は「李大統領は(北朝鮮の変化に)進展があるのなら、私たちが積極的に歓迎し、支援していくと明らかにした」と説明した。李大統領は「平和統一が光復の完成」というメッセージとともに、「隣国と国際社会全体にも大きな祝福になるだろう」という言葉も述べた。中国から「不安定な北朝鮮より統一韓国と接境するのが国家の利益になる」という意見が出てくるのを考慮したという。

◇「経済・民生に任期はない」=李大統領は演説で、「経済」に18回、「危機」に13回言及した。それだけ厳しい状況と見ているということだ。李大統領は「輸出が停滞し、内需景気が活力を失っているので心配」とし「経済活力回復のために徹底的に対応する」と述べた。また「政治には任期があるが、経済と民生には任期がない。任期の最後の日まで熱心に仕事をする」とも述べた。

これとともに経済主導者の協力を呼びかけた。特に与野党に向けて「企業が生産し、投資し、雇用する意欲を高める社会的な環境が必要だ」と訴えた。毎年提示してきた「光復節キーワード」は今年は抜いた。例年は「低炭素グリーン成長」(2008年)、「親庶民中道実用」(2009年)、「公正な社会」(2010年)、「共生発展」(2011年)を提示していた。ただ、「後発走者から抜け出し、先導走者に入った。誰も行ってことがない‘コリアンルート’を切り開かなければならない」という話をした。

◇1カ月前から準備=演説は李大統領が1カ月前から準備してきたことが分かった。任期中の最後の光復節演説であるだけに、いつよりも心血を注いだというのが青瓦台側の説明だ。分野別の秘書官と10回ほど読会をしながら原稿を推敲し、多くの部分を李大統領が自ら作成したという。特に「政治には任期があるが、経済と民生には任期がない」という部分は、李大統領が最も強調した部分だと参謀は伝えた。この日、李大統領は28分間の演説で、28回の拍手を受けた。昨年は38回の拍手があった。
韓国大統領「日本は友邦だが、慰安婦は人類普遍的価値に反する」(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP