주요 기사 바로가기

<五輪>バドミントン無気力試合で非難…オリンピック精神に泥、国の恥さらし(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.08.02 09:35
0
ハ・ジョンウン-キム・ミンジョンの試合中、観客は激しいブーイングを起こした。BWFは聴聞会を開いた。韓国チームからは成漢国(ソン・ハングク)監督とチョンギョンウンら選手4人が出て意見を述べた。成監督は「試合に負けようという故意性があったかどうかという質問を受けた」と述べた。その後、BWFは8人の選手の失格処理を発表した。

これに対し、韓国とインドネシアのチームが抗議した。「中国はこれまで何度か無気力試合をしてきたが、BWFは黙認した」という趣旨だった。しかしインドネシアはその後、抗議を自主的に撤回した。中国は電子メールで声明を発表し、「BWFの決定を尊重する」という遺憾声明を出した。結局、韓国チームだけが体面を汚すことになった。

今回の失格処分は、最近、八百長根絶を強調したジャック・ロゲ国際オリンピック委員会(IOC)委員長の意志が反映されたというのが海外メディアの分析だ。波紋が広がると、IOCは再発防止のために選手8人全員を出場禁止にするようBWFに強く注文したが、出場禁止カードは出てこなかった。失格になった選手8人は今後の個人戦には出場できる見込みだ。
<五輪>バドミントン無気力試合で非難…オリンピック精神に泥、国の恥さらし(1)

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP