주요 기사 바로가기

<五輪>韓国フェンシング代表の涙の1秒…歴代5大疑惑判定に

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.07.31 18:11
0
シン・アラムの「止まった時間」が歴代オリンピック(五輪)の5大疑惑判定に選ばれた。

シン・アラム(26、鶏竜市庁)は30日、フェンシング女子エペ個人準決勝の延長戦で、競技進行上の問題のためドイツのハイデマンに5-6で敗れた。 シン・アラムは最後の1秒を残して相手の攻撃を3回防いだが、競技時間は減らず、結局、4度目の攻撃を防げずに敗れた。 相手に点数が入らなければ、優勢のシン・アラムが決勝に進出する競技だった。 AFP通信はこの競技を五輪で生じた5大疑惑判定に選んだ。

AFPは「まともな判定ならシン・アラムは決勝に進出していたはず」とし「ショックを受けたシン・アラムはピストを離れられず涙を流し、エスコートを受けてようやく下りた」と伝えた。

そのほかの疑惑判定は以下の通り。

◇1972年ミュンヘン大会男子バスケット決勝のソ連-米国戦。審判が競技時間を延ばしたため、米国が1点差で金メダルを逃した。

◇1988年ソウル五輪男子ボクシングミドル級。米国のロイ・ジョーンズ・ジュニアが優勢に試合を進めたが、韓国のパク・シホンに判定負けした。

◇2000年シドニー五輪の柔道無差別級。日本の篠原信一が納得しがたい理由で判定負けした。

◇2008年北京五輪テコンドー女子67キロ級。英国のセラ・スティーブンソンが判定負けしたが、ビデオ判定後に結果が覆った。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP