주요 기사 바로가기

「その蚊が現れた」…韓国保健当局が日本脳炎警報

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.07.19 17:59
0
韓国全国に日本脳炎警報が出された。

疾病管理本部は19日、全国に日本脳炎警報を発令すると明らかにした。 脳炎警報は監視地域(39調査地域)のうち1地域で一日に採集された蚊の平均個体数のうち「コガタアカイエカ」が500匹以上、比率が全体の50%以上となった場合に発令される。 コガタアカイエカは‘日本脳炎蚊’として知られている。

疾病管理本部の関係者は「16日夕方から18日早朝にかけて釜山地域で採集した蚊のうち、コガタアカイエカの比率は57%に達した」とし「ウイルスを持った蚊に刺された場合、一部は脳炎に進むおそれがあり、格別の注意が求められる」と述べた。 脳炎に感染した場合、高熱、頭痛、腹痛、けいれん、昏睡、意識障害などの症状が表れる。

疾病管理本部は日本脳炎流行予測事業の結果に基づき、4月末に日本脳炎注意報を発令している。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP