주요 기사 바로가기

サムスン「ギャラクシーS3」検索SW交替…アップル特許訴訟をあらかじめ封鎖

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.07.13 09:26
0
サムスン電子が新しいスマートフォン(多機能携帯電話)ギャラクシーS3のソフトウェア(SW)をアップグレードして米国市場で発売する。

サムスン電子関係者は12日、「アップルが問題視している『統合検索』特許を迂回したSWをギャラクシーS3に搭載して今週から米国市場で販売する」と明らかにした。統合検索機能はギャラクシーネクサスが最近、米国裁判所で販売禁止処分を受ける原因になった技術だ。統合検索を開くと「インターネット検索」と「内部ファイル検索」2種類の機能があるが、アップルは「内部ファイル検索」機能が自社の特許を侵害したと主張した。サムスン側は今回SWをアップグレードして米国で販売されるギャラクシーS3にはインターネット検索だけできるようにして内部ファイル検索機能は除いた。

今回の措置はギャラクシーS3に対してアップルに攻撃する口実を与えないとするサムスンの戦略が反映された。先月、米国カリフォルニア裁判所がギャラクシーネクサス販売禁止命令を下すとすぐに業界では同じ運営体制(OS)のアンドロイド4.0「アイスクリームサンドイッチ」を使って統合検索のような類似機能が多いギャラクシーS3も危険だという懸念が出てきた。これと関連して、サムスン電子関係者は「今回のアップグレードはアップルの特許権を認めたのでなく、米国消費者に安心してギャラクシーS3を購入しても大丈夫という合図を出し、今後アップルと起こるかもしれない論議の余地をあらかじめなくすためのこと」と説明した。サムスン電子は米国市場ですでに販売されたギャラクシーS3に対しては今後SWアップグレードサービスをする計画だ。

サムスン電子が製品を変更して販売禁止措置を避けるのは今回が3回目だ。昨年8月、オランダ裁判所がスマートフォン画面をタッチして最後まで押した時なってはねて出てくる「バウンシング」技術について特許侵害だとし、販売禁止仮処分決定が出されるとすぐにソフトウェアを修正して対応した。9月にはドイツ裁判所がデザイン特許侵害を理由にギャラクシータブ10.1販売を禁止するとすぐに外観を修正したギャラクシータブ10.1Nを出した。

業界ではアップル特許がほとんどのユーザインタフェース(UI)やデザイン関連なので迂回技術を適用すれば紛争を回避できるが、サムスン電子が保有した特許は必須標準が多く、アップルがサムスンの特許を使わないで新しい製品を作るのは容易ではないと見ている。 

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    サムスン「ギャラクシーS3」検索SW交替…アップル特許訴訟をあらかじめ封鎖

    2012.07.13 09:26
    뉴스 메뉴 보기
    サムスン電子の新型スマートフォン「ギャラクシーS3」。
    TOP