주요 기사 바로가기

「iPhone5の呪い?」自らワナにかかったアップル(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.07.26 12:38
0
アップルが今年秋リリース予定の「iPhone5(アイフォン5)」のわなにかかった。消費者が新製品を待って購買を先送りしたせいでアップルの第2四半期実績がウォール街の予想値を下回った。低迷した市場の勢いにアップルが活力を吹き込むと期待していた市場は失望した。第2四半期にアップルは88億2000万ドル、1株当り9.32ドルの純益を記録した。前年同期の73億1000万ドル(1株当り7.79ドル)より20.7%増えたのだ。売上額も23%増加した350億2000万ドルを記録した。しかし市場の期待には至らなかった。市場はアップルが371億8000万ドル売り上げに1株当り10.36ドルの純益を上げると見ていたとロイター通信が24日(現地時間)伝えた。

アップルは実績展望を「辛め」で有名だ。それから実際に蓋を開けてみれば驚くべき実績を出して市場を驚かせてきた。ところが新製品発表周期が短くなりながら意図しなかった副作用が現れた。新製品を発表した直後は売り上げが爆発的に増えるが4~5カ月過ぎると次期モデルに対する期待のために販売がかえって停滞するような現象が繰り返されたのだ。第2四半期のiPhone販売が市場の期待値より200万~300万台も少ない2600万台に終わったのもこのためだ。さらにiPhone5は既存製品と明確に差別化されるだろうといううわさが広がった。液晶はより大きくなり、厚さはさらに薄くなるという話だ。このような期待が販売不振をかえってあおり立てた。

アップルが停滞した間、サムスン電子がギャラクシーS3を前面に出して米国市場攻略に本格的に出るとすぐに両社の神経戦も加熱している。アップルは最近、米国カリフォルニア州の北部地方裁判所にサムスン電子の特許侵害で25億2500万ドル(約2兆9000億ウォン)の直接・間接被害を受けたという文書資料を提出した。これによるとアップルは「今年3月31日までにサムスン電子が特許を侵害して最小20億ドルの不当利益を上げ、これによってアップルは5億ドルの利益が消えた」と主張した。これに2500万ドルのロイヤリティー収入も得られなかったというのだ。

アップルがこのような資料を米国裁判所に提出したのは今月30日から始まるアップルとサムスン電子の特許侵害本案訴訟を狙ったと分析される。米国訴訟でアップルがサムスン電子の「ギャラクシー10.1」と「ギャラクシーネクサス」販売禁止処分を引き出すとすぐに本案訴訟を控えて機先制圧に出たのだ。
「iPhone5の呪い?」自らワナにかかったアップル(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP