주요 기사 바로가기

価格8割安い米シェールガス…日中は2年前から注目(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.06.13 17:04
0
◇韓国の産業への影響は=シェールガスブームは韓国国内の産業に大きな影響を及ぼす見込みだ。 現在、米国内の天然ガス価格はアジアに流通するガス価格の6-8分の1水準。 このように安いシェールガスで発電したり石油化学製品を作る場合、米国企業はコスト競争力を確保し、韓国石油化学製品の輸出が打撃を受ける可能性が高まった。 キム・ピョンジュン石油化学協会本部長は「シェールガスを利用して生産される石油化学製品が世界市場に広まれば、韓国企業は苦戦するしかない」と分析した。

シェールガスは米国内で発電用としても使用される見込みだ。 この場合、安い電気料金のため、米国内の全般的な製造会社が競争力を確保することになる。 シェールガス開発が本格化した2010年以降、代替エネルギー企業も厳しい状況を迎えている。 東洋証券のイ・チョルヒ首席エコノミストは「シェールガスの登場で米国ではもう風力や太陽光のように高いエネルギーに補助金を支給する理由がなくなった」とし「国内でも代替エネルギー開発計画は補完策として維持し、ガスを主要エネルギー源として使用することを模索しなければならない」と主張した。

結局、韓国の立場ではシェールガスの確保が急がれる。 韓国企業がヒューストンに集まっているが、2010年に中国と日本がシェールガスプロジェクトに取り組んだのに比べると遅いという指摘だ。 イ・ヨンウォンGSカルテックス常務は「シェールガスボーリングプロジェクトは莫大な資金が投入される作業であるだけに、複数の企業が共同投資するコンソーシアム形態で進行される」とし「特に日本総合商社が先に投資し、後発企業が入り込む余地を狭めた」と述べた。

◇石油換算トン(TOE=tonne of oil equivalent)=原油1トンの燃焼で得られる熱量基準で標準化した単位。 石炭1トンが燃焼する場合に発生する熱量は0.66TOE、天然ガス1000立法メートルの発生熱量は1.05TOE。
価格8割安い米シェールガス…日中は2年前から注目(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP