주요 기사 바로가기

韓流が輸出も牽引、韓流輸出100ドル増で消費財輸出412ドル増加

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.05.30 11:41
0
韓流文化商品輸出が100ドル増えると消費財輸出が412ドル増加することが明らかになった。

韓国輸出入銀行海外経済研究所は29日、2001年から昨年までの10年間の韓国の輸出対象国92カ国に対する文化商品と消費財輸出額を調査した「韓流輸出波及効果分析および金融支援策」と題する報告書を発表した。これによると、文化商品輸出が1%増加すると消費財輸出は0.03%増えた。例えば1億ドルの文化商品輸出が100万ドル増加すると140億ドルの消費財輸出は約420万ドル増加することになる。文化商品輸出が消費財輸出を牽引する効果が統計的に立証されたのだ。

消費財の項目別ではIT製品、衣類、加工食品に及ぼす効果が大きかった。項目別輸出牽引効果は加工食品が0.07%、衣類が0.051%、IT製品が0.032%などだった。金額に換算すると文化商品輸出が100ドル増加すると携帯電話や家電製品などIT製品輸出は平均395ドル増え、衣類と加工食品は平均35ドルと31ドル増加すると分析された。

輸出地域別の効果はやや異なった。アジアではCDやテープなど音楽輸出が化粧品輸出につながる効果が高かった。ドラマやバラエティ番組など放送コンテンツは携帯電話やコンピューターなどIT製品の輸出につながった。中南米ではCDやテープなど韓国音楽を輸出すると携帯電話やコンピューターなどIT製品輸出が最も多く増えた。

輸出入銀行海外経済研究所のキム・ユンジ博士は、「文化産業輸出は現段階では直接的な経済効果が高くなくても、その他商品の輸出に及ぼす効果が非常に大きいことが立証された。K-POPなどの文化産業輸出支援をさらに増やさすべきだ」と提言した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP