주요 기사 바로가기

相次ぐセックススキャンダルに韓国芸能界“衝撃”(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.05.09 15:06
0
似た手口で芸能人志望者を対象にしたわいせつ行為および暴行事件も相次いでいる。 8日、ソウル地方警察広域捜査隊は芸能人志望者にわいせつ行為をした疑いで、芸能プロダクションのパク代表(32)ら2人を拘束した。 2人はソウル良才洞(ヤンジェドン)に名ばかりの芸能プロダクションを設立した後、インターネットに芸能人募集広告を出し、これを見て訪れた志望者らから5500万ウォン(約400万円)をだまし取ったほか、わいせつ行為をした疑い。 また「芸能人になるには身体検査が必要」と言いながら胸や尻を触った疑いも受けている。 さらにJ代表の親戚の暴力団員A(37)はスポンサーに写真を送るとして志望者をモーテルに誘い出して性的暴行を加えた。 調査の結果、パク代表は過去に芸能人志望者78人から11億ウォンをだまし取った容疑で立件されたが、逃走中の状態でも同じ犯罪を起こしたことが分かった。

芸能人志望者を対象にした性犯罪が増えている中、文化部も取り締まりに乗り出した。 9日午前、文化体育観光部で韓国演芸制作者協会およびマネジメント協会の関係者らと緊急ブリーフィングを行った。

演芸制作者協会は文化部と共同で昨年から芸能プロダクション登録制の推進などを検討し、対応策を準備中だ。 ある関係者は「芸能プロダクションが乱立してから問題の発生が続いている。 文化部と共同ですべての芸能プロダクションに対する調査を準備している。 調査が行われてこそ対応方法も出てくる」とし「また、芸能人志望者を対象にした進路指導説明会などを開き、志望者が誘惑に引き込まれないように防いでいく」と述べた。

演芸制作者協会所属のある制作者は「芸能界に繰り返し性犯罪事件が発生して恥ずかしく思う。 子どもたちに合わせる顔がない」とし「志望者の親も芸能プロダクションを信頼できず、ささいな問題で誤解をして葛藤が生じることも多い。 一部の人の問題で芸能界全体が罵倒される状況が残念でならない」と語った。
相次ぐセックススキャンダルに韓国芸能界“衝撃”(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    相次ぐセックススキャンダルに韓国芸能界“衝撃”(2)

    2012.05.09 15:06
    뉴스 메뉴 보기
    韓国の芸能プロダクションの関係者が志望者の夢を利用して性的暴行を加える事件が相次いでいる。
    TOP