주요 기사 바로가기

韓中FTAで13億人市場へ…韓国の勝負カード(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.05.03 08:53
0
農水産業の反対はどのFTAよりも大きい。韓国農村経済研究院によると、韓中FTAが発効する場合、農水産輸入額は108億ドルに増え、農業生産額は14.7%減少する見込みだ。

水産業はさらに強く反発している。水産協同組合水産研究院のキム・ヒョンヨン研究室長は「中国は漁場が韓国とほぼ同じで、統営(トンヨン)も中国山東省も流通時間に差はない」とし「韓中FTAが締結されれば水産業の基盤が崩れるだろう」と述べた。

両国政府が2段階に分けて交渉を行うことにしたのは、こうした懸念のためだ。両国はまず1段階の交渉で保護すべき「敏感品目群」を決めた後、2段階の交渉に移る。これまでのFTAにはなかった交渉方式だ。敏感品目群のうち「超敏感品目」は協定から除外する。コメはここに含まれる。「一般敏感品目」は関税を10年以上にかけて廃止したり、部分的に縮小する計画だ。どの品目をどれほど敏感品目に含めるかは今月中に始まる1段階交渉で決める。朴泰鎬本部長は「農水産物だけでなく、一部の競争力がない工業品とサービスも敏感品目になるだろう」と述べた。

両国政府はこの日、指定された域外加工地域で生産した製品にもFTA特恵関税を適用することに合意した。崔晳泳(チェ・ソクヨン)FTA交渉代表は「開城(ケソン)工業団地をはじめとする北朝鮮にある域外加工地域を意味する」とし「韓半島の平和と北朝鮮の改革・開放を誘導するのに効果があるだろう」と説明した。

韓中FTAの議論は、1月9日に行われた李明博(イ・ミョンバク)大統領と胡錦濤国家主席の首脳会談で弾みがついた。中国が内需中心に経済基調を切り換えたことで、それまで消極的だった韓国が積極的に変わった。中国市場で先にシェアを確保するためだ。
韓中FTAで13億人市場へ…韓国の勝負カード(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP