주요 기사 바로가기

日本が10平米の暗礁めぐり「国連が島と認定」と主張

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.04.30 08:39
0
日本外務省は27日、「排他的経済水域(EEZ・沿岸で200カイリ)外側でも海底資源の開発権を主張できる日本の大陸棚拡張要求が国連から認められた」と発表した。外務省は「中国と対立を生じさせてきた沖ノ鳥島が島としての地位を認められた」と主張し、日本メディアは28日にこれを大々的に報じた。これを受け中国政府は29日、「日本政府の発表と報道は全く根拠がない」と反論した。

日本は2008年に7つの海域の約74万平方キロメートルを大陸棚と認定するよう国連大陸棚限界委員会に申請し、4年近く過ぎた27日に「国連が7つの海域のうち4海域31万平方キロメートルを大陸棚と認定した。これは日本の国土面積の約82%に相当する」という内容を発表した。大陸棚限界委員会は200カイリの外の大陸棚境界に対する地質学的資料を審査する目的で1997年設立された。海洋地質専門家21人で構成されている。争点になったのは南太平洋の沖ノ鳥島北方海域17万平方キロメートルが大陸棚認定地域に含まれたという日本政府の発表だ。日中両国は沖ノ鳥島を基点にその周辺海域を大陸棚やEEZに設定できるかの問題をめぐり鋭く対立してきた。日本は沖ノ鳥島を「島」と主張し、韓国と中国は「島ではなく岩石にすぎない」と対立した。

日本メディアによると国連大陸棚限界委員会は今回、沖ノ鳥島周辺2海域のうち北方海域17万平方キロメートルは大陸棚と認定したが、南方の25万平方キロメートルに対しては結論を留保した。日本政府は「沖ノ鳥島の北方海域が大陸棚と認められたのは沖ノ鳥島が島という認証を受けたのと同じこと」とし、インターネット上では「日本の大勝利」「日本外交が久しぶりに成果を出した」というネットユーザーらのコメントが殺到している。

だが中国外交部の劉為民報道官は、「国連大陸棚限界委員会は日本の大陸棚の外側境界と関連した事案に対し処理結果を発表しなかった。日本がどんな根拠でそのような主張をするのかわからない」と主張した。韓国政府当局者も「大陸棚限界委員会に沖ノ鳥島が島なのか暗礁なのかを判断する権限はなく、最近開かれた会議でも何の結論を下さないことにしたと理解する。日本政府がメディアプレーをした可能性が大きい」と明らかにした。

◆沖ノ鳥島=東京から南に1740キロメートルに位置した珊瑚礁(暗礁)。大部分が水面下に沈んでおり、満潮時に水面上に70センチメートル程度現れる。岩2個の面積は約10平方メートルだ。日本は最南端の島という前提の下で日本の国土面積の約38万平方キロメートルを上回る43万平方キロメートルのEEZを主張する。沖ノ鳥島が島と認定されなければこのEEZの根拠が消えることになる。日本政府は1989年波による侵食を防ぐため600億円を投じて暗礁周辺にコンクリート工事を実施した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    日本が10平米の暗礁めぐり「国連が島と認定」と主張

    2012.04.30 08:39
    뉴스 메뉴 보기
    日本が主張している大陸棚と排他的経済水域(EEZ)。
    TOP