주요 기사 바로가기

【社説】中国も懸念する北朝鮮ミサイル

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.03.19 11:25
0
北朝鮮の「光明星3号」衛星打ち上げ計画に対し、国際社会が一斉に自制を要求した。北朝鮮が来月中旬に「銀河3号」ロケットで「光明星3号」衛星を地球軌道に打ち上げる計画だと発表したことに対し、国連と韓国、米国、日本、欧州連合(EU)はもちろん、中国やロシアまでも直ちに懸念を表明した。国際社会が一つの声で自制を要求している現実を直視し、北朝鮮は発射計画を直ちに撤回しなければならない。

国際社会の反発が高まると、北朝鮮は昨日、「光明星3号の打ち上げは宇宙空間の平和的開発および利用と関連し、国際的に公認された主権国家の合法的権利」とし「これを阻止するのは、平和的な宇宙利用権利を否定し、自主権を侵害する卑劣な行為」と反論した。光明星1号、2号打ち上げ当時と同じ常套的な主張だ。宇宙空間の平和的利用なら、なぜ北朝鮮の血盟である中国さえも直ちに懸念を表明し、北朝鮮の責任問題を取り上げたのか。民間用ロケット技術は軍事用ミサイル技術と事実上同じだ。このため北朝鮮が平和的目的のロケット発射だと主張しても、国際社会は軍事用の長距離ミサイル試験だとして挑発と見なす。

北朝鮮の長距離ミサイル発射は、金正恩(キム・ジョンウン)体制の最初の米朝合意を破棄することを意味する。米国が提供することにした24万トンの栄養支援も放棄しなければならない。こうした負担まで甘受しながら北朝鮮がミサイル試験を再開するという意図に対しては、さまざまな見方がある。対内結束を固めようという政治的な目的もあるはずで、韓国と米国への圧力を強化する対外的な目的もあるだろう。

本当の意図が何であろうと、北朝鮮のミサイル発射は得るものよりも失うものが大きいのは明らかだ。北朝鮮体制の好戦性を国際社会に刻印させるものであり、金正恩体制に対する不信感を強めるだけだ。穏健交渉派と軍部強硬派の間に挟まれた金正恩体制の不安定性と不確実性を自ら広報する逆効果も予想される。北朝鮮は宇宙空間の平和的利用を装った長距離ミサイル発射計画を直ちに撤回して交渉テーブルに戻ることを望む。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP