주요 기사 바로가기

北朝鮮潜水艦が西海上から消える…水中作戦中?

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.03.15 10:12
0
北朝鮮の西海(ソヘ、黄海)艦隊司令部所属の数隻の潜水艦が最近、水中作戦に突入したことが14日、確認された。

複数の情報消息筋は「冬に活動を中断し、基地に停泊していた北朝鮮の潜水艦が、寒さが和らいだことで動き始めた」とし「このうち1、2隻は所在が把握できず、水中で作戦中と推定される」と述べた。

北朝鮮は現在70余隻の潜水艦を保有し、冬には南浦(ナムポ)やビパ岬付近の基地で整備などをし、解氷期になれば活動を始める。潜水艦は出港して水中に入れば位置の把握が不可能で、韓国軍には警戒対象1号に分類される。

特に最近、金正恩(キム・ジョンウン)が西海一帯の軍部隊訪問を続けている中、潜水艦が作戦活動を開始したことに軍当局は注目している。軍は金正恩の部隊訪問の背景を分析する一方、P-3対潜哨戒機の偵察を増やすなど警戒態勢を強化している。

軍当局者は「韓国哨戒艦『天安(チョンアン)』2周忌(3月26日)と核安全保障サミット(26、27日)を控えた時点なので注視している」と述べた。

一方、国防部は「天安」爆沈事件から2年を控え、事件が発生した3月26日を「天安爆沈膺懲の日」に決めた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP