주요 기사 바로가기

韓国政党、名前を変えて過去を消す整形政治(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.03.09 16:12
0
韓国の政党政治は「成長遅滞症候群」という批判が出てきた。「第19代総選挙と韓国政治」をテーマにした8日の韓国政治学会特別学術会議で、高麗(コリョ)大の任ヒョク伯(イム・ヒョクベク)政策大学院長が述べた言葉だ。 任院長は「代議民主主義とソーシャルメディア民主主義」という内容でテーマ発表をし、ソーシャルネットワークサービス(SNS)の浮上と政党政治の危機を結びつけて説明した。

昨年の無償給食投票、ソウル市長補欠選挙は代議民主主義の主役といえる政党がSNSを動力とする市民社会に敗北した事件だと、任院長は分析した。 韓国政党の無能、無気力、非効率性、非代議性などがこうした結果を招いたという指摘だ。

任院長は「総選挙と大統領選挙が行われる今年が、代議民主主義がソーシャルメディア民主主義とともに発展できるかどうか、それとも黄昏を迎えるのかを決定する‘重大選挙の年’になるだろう」と予想した。

 
「極端主義」も韓国政党の墜落につながっていると任院長は指摘した。 任院長は「いま韓国の政党は‘保守打倒’でなければ‘進歩撲滅’しかない。共存がない」と批判した。 「催涙弾や電気のこぎりなど、 こういう極端主義政治が政党に対する不信感を招いた」とも述べた。 「政党と政治の公共性は弱まり、もうほとんど死の寸前」という表現も使った。 また「現在の状況が続けば、韓国の政党は小さくて速い遊牧的な‘スリム政党’ではなく、組織が縮んでいくだけ」と予想した。


韓国政党、名前を変えて過去を消す整形政治(2)

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP