주요 기사 바로가기

韓国の経済成長率、OECDで4位

ⓒ 中央日報日本語版2012.02.23 11:11
0
昨年第4四半期の韓国の経済成長率が経済協力開発機構(OECD)加盟国で4位を記録した。またOECD平均より約2.6倍高かった。

韓国銀行とOECDの国内総生産(GDP)成長率統計によると、昨年第4四半期の韓国経済は前年の同じ期間より3.4%成長した。

これまでに関連統計が集計されたOECD加盟国19カ国の中ではエストニアの5.2%、イスラエルの3.9%、メキシコの3.7%に次いで4位となる。

同じ期間のOECD加盟国の平均経済成長率は1.3%で、韓国の成長率はOECD平均の2.6倍水準となった。

米国、日本、英国、フランス、ドイツ、イタリア、カナダなど主要7カ国(G7)は前年同期より平均1.0%の成長にとどまった。特に日本は4四半期連続でマイナス成長を記録した。

ポルトガルがマイナス2.6%で最も低く、日本がマイナス1.0%、イタリアがマイナス0.5%、オランダがマイナス0.3%の順だった。

一方、OECDは今年の韓国経済は3.8%、世界経済は3.4%成長するとの見通しを示した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP