주요 기사 바로가기

韓国バレーボール連盟、八百長加担者を永久除名の重懲戒

ⓒ 中央日報日本語版2012.02.14 15:11
0
韓国バレーボール連盟(KOVO)が、八百長に加担した選手4人に、永久除名という重懲戒を下した。自主申告者1人については、選手資格を一時停止した。

連盟は13日午前、ソウル麻浦区上岩洞(マポグ・サンアムドン)の連盟大会議室で賞罰委員会を開き、プロバレーボールの八百長に加担した疑いで拘束及び書類送検された該当の選手らについての選手資格の剥奪の是非を議論した。同日の賞罰委員会では、KEPCO所属の現役選手であるキム・サンギ(32)、イム・シヒョン(27)、パク・ジュンボム(24)、尚武信協のチェ・グィドン(28)ら4人をはじめ、自主申告をしたサムスン火災のホン・ジョンピョ(27)についての問題が回付された。

賞罰委員会の結果、連盟は、韓国バレーボール連盟規約122条(懲戒の種類)に基づき、キム・サンギ、イム・シヒョン、パク・ジュンボム、チェ・グィドンら4人を永久除名の措置を取った。また、ホン・ジョンピョは検察の捜査が終了する時点まで、選手資格を停止するとの意見をまとめた。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP