주요 기사 바로가기

独裁判所がアップルの申請を棄却、サムスンの主張認める

ⓒ 中央日報日本語版2012.02.02 10:10
0
独ミュンヘンの裁判所が1日、サムスン電子がドイツで販売するタブレットPC「ギャラクシータブ10.1N」とスマートフォン「ギャラクシーネクサス」に対してアップルが提起した販売禁止仮処分申請を棄却した。今回の訴訟はアップルが昨年自社のタッチスクリーンと関連した技術に対する特許権違反を理由に提起したもの。

裁判所は「アップルが訴訟を提起した該当技術はすでに市場で汎用されていることをサムスン側が立証した」と裁判趣旨を明らかにした。

9日にはアップルが「ギャラクシータブ10.1N」に対しこれとは別にデュッセルドルフ裁判所に提起したデザイン著作権違反仮処分訴訟の判決が予定されている。

この訴訟はサムスン電子が昨年9月に「ギャラクシータブ10.1」の販売中止仮処分決定が下された後デザインを変え「ギャラクシータブ10.1N」を発売し、アップルが後続製品にもブレーキをかけるために提訴したのだ。しかしデュッセルドルフ裁判所は昨年12月に開かれた審理で「ギャラクシータブ10.1NはデザインをiPadと明確に変えた」という意見を出しており、この訴訟もやはり棄却される可能性が大きい。

サムスン電子は世界10カ国余りでアップルと訴訟戦を行っており、最近ドイツの裁判所ではアップルを相手に提起した通信技術特許権違反訴訟2件で敗訴している。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP