주요 기사 바로가기

朝鮮時代の韓国人の身長、日本人より6センチ大きかった

ⓒ 中央日報日本語版2012.01.31 11:15
0
朝鮮時代の韓国人の平均身長は男性が161センチメートル、女性が149センチメートルだったことがわかった。

ソウル大学医学部のファン・ヨンイル教授とシン・ドンフン教授のチームは31日、15世紀から19世紀に至る朝鮮時代の116人(男67人、女49人)の遺骨から採取した大腿骨を利用し平均身長を分析した結果、男性は161.1(±5.6)センチメートル、女性は148.9(±4.6)センチメートルとそれぞれ分析されたと明らかにした。

これは2010年に知識経済部技術標準院が調査した韓国人平均身長の男性174センチメートル、女性160.5センチメートルに比べ、それぞれ12.9センチメートルと11.6センチメートル小さい数値だ。

今回の研究結果を盛り込んだ論文は米自然人類学ジャーナルの最新号に掲載された。

国別の比較結果を見ると、朝鮮時代の男性平均身長は他の西欧諸国に比べ大幅に小さかった。しかし、日本と比較すると6センチメートル以上大きかった。研究チームが提示した日本側の分析資料によると、江戸時代から明治時代まで日本人男性の平均身長は154.7~155.1センチメートルだった。

一方、ほぼ同じ時期の西欧諸国の平均身長は、スウェーデンが169.6センチメートル(17世紀)、英国が168.1センチメートル(12~18世紀)、オランダが166.7センチメートル(17~19世紀)、ドイツが169.5センチメートル(16~18世紀)、ポルトガルが165.7センチメートル(15~19世紀)、米国が173.4センチメートル(17世紀後半~19世紀後半)などで、韓国よりはるかに大きかった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP