주요 기사 바로가기

キム・ヨナ、食品業界からラブコールを受けるも・・・

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2012.01.30 14:59
0
“フィギュアクイーン”キム・ヨナへの食品業界からのラブコールは依然として熱い。

東西(ドンソ)食品は、新しいコーヒーミックス「マキシム・ホワイトゴールド」のテレビ広告のモデルとしてキム・ヨナを選び、31日からキム・ヨナをモデルにした新製品のティーザー広告を放映すると30日に発表した。

キム・ヨナは2008年4月から毎日(メイル)乳業の牛乳と発酵乳製品の広告モデルとして活躍してきた。2011年に契約が終了し、2012年の再契約も協議中だという。

毎日乳業と契約が成就すれば、コーヒーミックスと牛乳という2つの食品メーカーの広告の顔を務めることになる。このため、キム・ヨナをめぐってメーカー間の摩擦の可能性が出ている。

しかし、これについてあるメーカーの関係者は「コーヒーミックスと発酵乳製品とでは広告製品が全く違うため、大きな無理はない」と話す。また、キム・ヨナほど良いイメージを持つモデルも少ないという分析もある。キム・ヨナの健康さとクリーンさ、純粋さなどが消費者にアピールできる。また、時間がさらに過ぎてイメージがなくなる前にこれを最大限活用したいという気持ちもある。別のメーカーの関係者は「広告はタイミングが重要」としながら、「製品を広告するスターのイメージは、消費者に大きな影響を与える」と話した。

キム・ヨナは広告モデルとして人気が上がるにつれて、ギャラも高くなった。メーカーは最近、キム・ヨナが食品広告もモデル料で月間1億ウォン(約700万円)水準の待遇を受けていると伝えた。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    キム・ヨナ、食品業界からラブコールを受けるも・・・

    2012.01.30 14:59
    뉴스 메뉴 보기
    広告モデルとしても活躍しているキム・ヨナ。
    TOP