주요 기사 바로가기

キム・ヨナ「五輪の金メダルで人生大きく変わったものはない」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.01.13 09:04
0
青少年の冬のスポーツ祭りに広報大使資格で招待された‘フィギュア女王’キム・ヨナ(22、高麗大)が、自分の選手生活を振り返りながら後輩たちに助言した。

第1回冬季ユース五輪開催地のオーストリア・インスブルックに11日(現地時間)到着したキム・ヨナは、国際オリンピック委員会(IOC)が運営する「青年記者団(Young Reporters)」とのインタビューで公式日程を始めた。青年記者団とは、記者を夢見る世界18-24歳の学生に国際スポーツ大会の取材経験を提供するために用意されたプログラム。

まずキム・ヨナは自分をロールモデルとする後輩選手に「集中力を維持してほしい」と強調した。キム・ヨナは「2010年バンクーバー冬季オリンピック当時、周囲の人たちは私が緊張してミスをしないか心配していた」と振り返った。「そのため『ここがオリンピックの舞台』という考えを抱かないように努力した」とし「こうして緊張を解いたのが非常に役立った」と話した。

キム・ヨナはオリンピックで金メダルを獲得した後、「空虚感を感じたりもした」と紹介した。「オリンピックの金メダルが人生を完全に変えると思っていたが、金メダルを獲得しても大きく変わったものはない」と語った。それと同時に「大きくはないが、自分の人生に少しは変化があったのは事実」とし、ユニセフ親善大使、スペシャルオリンピック広報大使、冬季ユース五輪広報大使として活動している点を挙げた。

キム・ヨナは12日晩の歓迎行事に出席し、ジャック・ロゲIOC委員長に会って挨拶を交わす予定だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    キム・ヨナ「五輪の金メダルで人生大きく変わったものはない」

    2012.01.13 09:04
    뉴스 메뉴 보기
    フィギュアスケートのキム・ヨナ選手。
    TOP