주요 기사 바로가기

北朝鮮に変化の信号…金正恩を“公開批判”した兄・金正男(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.01.30 09:55
0
「予想以上に金正日(キム・ジョンイル)から金正恩(キム・ジョンウン)への体制転換が迅速かつ円滑に展開していて興味深い。しかし長期的には変化があると見ている」。米プリンストン大学のアンマリ・スローター教授(53、国際政治学)は金正日総書記の死後の北朝鮮情勢をこう評価した。

オバマ大統領の就任後2年間、国務省政策企画室長を務めたスローター教授は「北朝鮮は今年、食糧難に直面するだろう」とし「小さな開放の信号が観測されている」と述べた。スローター教授にニュージャージー州のプリンストン大教授研究室で会い、韓半島問題などについて尋ねた。

以下は一問一答。

--金正恩の北朝鮮体制は無事に定着すると思うか。

「金正恩はとても若い。経験も未熟だ。叔母(金敬姫労働党軽工業部長)と叔母の夫(張成沢国防委員会副委員長)が多くの役割をしている。しかし以前には見られなかったことも起きている。長男(金正男)が公開的に批判したのがその例だ。何か変化が起きているのだ。ビルマ(ミャンマー)がモデルとなる。ネットワーク時代に孤立は望ましくない。私たちは(北朝鮮の)変化が始まるのを見守っているのかもしれない」

--金正恩が挑発する可能性は。

「そういう可能性は常にある。金正恩は自分が後継者として認められることを望んでいる。米国と韓国、中国は北朝鮮に対し、越えてはならないラインがあることをはっきりと分からせる必要がある。もし挑発をすれば、韓国は他の同盟国とともに断固対応しなければならない」

--北朝鮮を相手にした対話の努力は続けるべきか。

「私はそれが正しい方向だと考える。私たちが対話を望むということを明確にしなければいけない。金正日が死去する直前、米国は北朝鮮に食糧を支援しようとしていた。金正恩の北朝鮮がどんな性格かを知るまで、すべてのオプションを対話テーブル上にのせる必要がある」
北朝鮮に変化の信号…金正恩を“公開批判”した兄・金正男(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    北朝鮮に変化の信号…金正恩を“公開批判”した兄・金正男(1)

    2012.01.30 09:55
    뉴스 메뉴 보기
    米プリンストン大学のアンマリ・スローター教授が研究室でインタビューに応じながら笑っている。
    TOP