주요 기사 바로가기

競争がキム・ヨナを育てたように…経済韓流を見せる機会(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.11.24 12:06
0
「韓米自由貿易協定(FTA)が批准され、過去と違う状況であるだけに新しいものを習わなければならない」。

韓国銀行の金仲秀(キム・ジュンス)総裁が23日に経済専門家らとの経済動向懇談会でした話だ。彼は参加した大学教授らに、「FTAにともなう経済環境の変化を反映し教科書をまた書かなくてはならないのではないか」と話したりもした。

FTA時代が本格的に始まった。韓国とEU(欧州連合)のFTAが7月に発効されたのに続き、来年1月には韓米FTAが発効する予定だ。朝鮮時代の大院君(テウォングン)の鎖国政策以来最大の開港事件と評価されるほどのことだ。韓国は最大経済圏のEU・米国と対等に渡り合う数少ない国に属することになった。2つの巨大経済圏とFTAを結んだ国にはチリやメキシコなどもあるが、そのうち製造業基盤と先端技術力を持つ韓国ほどの通商国はない。

金総裁の話のように、いまや大学でも正規科目でFTAを教える時代になった。今年1学期に全国24の大学で40余りのFTA講座が運営された。大学生はFTA基礎理論と関税・通商分野の実務を学んだ。

FTAの最大受恵者はやはり消費者だ。40代のある会社員はEUとのFTA以後、輸入車市場への関心が強まった。EUとのFTAが7月に発効され輸入車業界が自動車価格を下げたためだ。引き下げ幅は車種により最大1000万ウォンを上回るものもある。人気があった4000万~6000万ウォン台の車両は大部分引き下げ幅が100万ウォン以内だった。アウディコリアは同クラスの輸入車のうち最も多く売れる「A4 2.0TFSIクアトロ」の価格を70万ウォン安い4920万ウォンに引き下げた。ポルシェの輸入会社もFTA発効日に2011年型全モデルの価格を平均2.6%下げた。

韓米FTAで米国車の価格も下がっていく。輸入乗用車のうち米国製は年間1万3000代水準だ。現在賦課される関税8%が来年から4%に減り、発効5年目からは無関税だ。その上米国製輸入車の大部分が属する排気量2000cc以上の大型車に課す個別消費税も2ポイント下げられる。来年は最大6%まで価格を低くする余力ができるわけだ。米国車業界関係者は、「ある業者がシミュレーションした結果、マージンなどを考慮すると3.8%程度価格を低くすることができるだろう」との見方を示した。今年米国製輸入車で唯一ベストセラー上位10モデルにランクされたフォード「トーラス3.5」の場合、現在5240万ウォンで売られている。3.8%引き下げる場合200万ウォン安い5040万ウォンで販売できる。


競争がキム・ヨナを育てたように…経済韓流を見せる機会(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP