주요 기사 바로가기

韓国映画、トム・クルーズに押され“涙ぐましいマーケティング”(1)

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2012.01.03 16:07
0
トム・クルーズ最新作が500万観客のヒットに沸く中、一方で年末年始最高の期待作「マイウェイ 12000キロの真実」(以下、「マイウェイ」)と「パーフェクトゲーム」のチケットマーケティングがなんとも涙ぐましい。

「マイウェイ」は壮大なスケールのタイトルに名前負けするほど、予想を下回る観客数で非常事態に突入し、「パーフェクトゲーム」は“プロ野球観衆600万人時代”を疑うくらいの低調な興行成績で、チケットマーケィングに奔走している。

この2作品の制作会社は、新年早々、1日に広報やマーケティングの報道資料を3~4部ずつ配布しながら、雰囲気を盛り上げるために総力をあげている。

「マイウェイ」は昨年12月21日の公開後、2週目に入った舞台あいさつがどのくらい爆発的な人気を集めたのか、興行の底力がどれほどなのかを積極的に広報している。

年が変わった先週末には、チャン・ドンゴンやオダギリジョー、キム・イングォン、カン・ジェギュ監督に、カメオ出演のヤン・ジンソクまで総出動して、大邱(テグ)や釜山(プサン)など各地をめぐって集客に乗り出した。

公開2週目だが、観客数は減るどころか増加しているという。28日の約7万人の観客動員に続き、29日には約7万2000人、30日には約9万人、31日には約16万8000人と、日を追うごとに観客数が増えていると集計した。

ところが韓国の映画振興委員会の映画館入場券統合電算網によると、「マイウェイ」は公開初週の22~25日の4日間は90万5810人を集めたが、2週目の29日~2012年1月1日の4日間は、48万9095人で、観客数は明らかに減少の一途をたどっている。




韓国映画、トム・クルーズに押され“涙ぐましいマーケティング”(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国映画、トム・クルーズに押され“涙ぐましいマーケティング”(1)

    2012.01.03 16:07
    뉴스 메뉴 보기
    チャン・ドンゴン(左)とオダギリジョーが主演の映画「マイウェイ 12000キロの真実」。
    TOP