주요 기사 바로가기

韓国の視覚障害者の支援に乗り出した少女時代海外ファン20万人(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.12.21 16:51
0
◆K-POPが取り持つ縁=チェさんは自分の病気は治ると信じている。「RPを含めた退行性網膜疾患の治療技術が、近いうちに実現化する見込みです。米国で一部の視角障害についての遺伝子治療が成功し、ES細胞を基盤とした細胞治療も臨床に入りました」。

チェさんは去年2月、ソウル大病院眼科と提携して“退行性網膜疾患研究会〔会長・柳亨坤(ユ・ヒョンゴン)教授〕”を創立した。問題はこれ以上なく不足している研究基金だ。

しかし最近、彼に嬉しいニュースが飛び込んできた。少女時代の海外ファンコミュニティー「ソシファイド」の会員が、来年夏に米国シアトルとロサンゼルス、豪州シドニーとメルボルンでチャリティーコンサートを開き、その収益金を失明退治本部に研究基金として寄贈する方案を推進しているという。K-POPが好きなアマチュア歌手がステージに上がる予定だ。

「ソシファイド」は、これまで東日本大震災の被害復興基金を寄付するなど善行を行ってきた。

そのような活動を展開する中、少女時代のある韓国ファンを通じて、チェさんが知られるようになり、どうせなら少女時代の家族が働いている所に寄付基金を送ろうではないかと話が決まった。この先頭に立つオーストラリアのあるイベント企画会社のCEOファンらは、22日にソウルでチェさんと会い、今後の作業事項などについて話し合う予定だ。世界に広がって行くK-POPのもうひとつの“力”だ。

「少女時代をきっかけに、外国人がこの小さな韓国という国にやって来て、他国の視覚障害者を助けるとは本当に驚くべきことで、ありがたいことです。政治や経済界もできなかった事をやってのけた娘たちにただ驚くばかりです」

◆ソシファイド(Soshified.com)=2008年に設立された少女時代の海外最大ファンコミュニティー。会員数は20万人以上で、運営スタッフだけで176人いる。少女時代(韓国語でソニョシデと発音し、ソニョのソとシデのシをとって、ファンは“ソシ”と呼んでいる)と、英語の「満足する(Satisfied)」を合わせた言葉。
韓国の視覚障害者の支援に乗り出した少女時代海外ファン20万人(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国の視覚障害者の支援に乗り出した少女時代海外ファン20万人(2)

    2011.12.21 16:51
    뉴스 메뉴 보기
    少女時代。
    TOP