주요 기사 바로가기

金正恩の指導力は未知数…3つの北朝鮮の将来シナリオ(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.12.21 10:23
0
北朝鮮の未来はどこへ向かうだろうか。霧の中で道を探そうとするように、内外の専門家らはさまざまなシナリオを分析している。確実な絵よりいくつかの前提を基にしたシナリオが複数出てくるのはそれだけ金正恩(キム・ジョンウン)の権力構築期間が短く不安に映るためだ。金正日(キム・ジョンイル)は金日成(キム・イルソン)死去の20年前から後継者として経験を積んだが、金正恩は後継者として登場し1年余りが過ぎただけだ。

(1)集団指導体制=最も可能性が大きいシナリオだ。米ブルッキングス研究所北東アジア政策センターのブッシュ所長は、「金正日の健康が好転し金正恩後継作業のスピードを遅らせたのが北朝鮮としては問題。『白頭(ペクトゥ)血統』である金正恩を前面に出し党と軍部、内閣が後見する集団指導体制で定着する可能性が大きい」との見方を示した。

後見核心勢力は金正恩の叔母の夫の張成沢(チャン・ソンテク)国防委員会副委員長が挙げられる。外交安保研究院のユン・ドクミン教授は、「北朝鮮社会の特性上、金正恩1人体制に進む可能性はあるが、米国などが金正恩体制の安着を誘導している雰囲気を考慮すれば張成沢中心の集団指導体制も可能だろう。段階的な北朝鮮開放の可能性も慎重に期待できる」と話した。それとともに、「金日成-金正日-金正恩とつながる『遺訓統治』を通じて内部安定化と対外政策を維持していくようだ」と付け加えた。しかし今後権力の離合集散過程で新しい権力と既得権勢力が衝突し内部不安定を引き起こす可能性もある。


金正恩の指導力は未知数…3つの北朝鮮の将来シナリオ(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP