주요 기사 바로가기

朝米非核化協議、来週中に北京で

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.12.17 09:12
0
米国と北朝鮮が来週中に中国・北京で今年3度目の朝米協議を行う。

外交消息筋は16日、「21日または22日に協議が行われる可能性が高い」とし「今回が6カ国協議再開のための最後の朝米協議になるとみられる」と述べた。

北朝鮮は、韓米が6カ国協議再開のための核心事前措置として要求してきたウラン濃縮プログラム(UEP)の中断に対し、前向きな立場を表している。

韓国政府当局者は「今回の朝米協議で北朝鮮はUEPの稼働を中断するという意思を明らかにする可能性がある」とし「国際原子力機関(IAEA)や米国の原子力専門家が入ってUEPの稼働が中断したことを確認すれば、6カ国協議が再開されるだろう」と述べた。

韓国政府は北朝鮮の核問題に対する韓米の認識が一致するだけに、南北非核化会談に固執する必要はないという立場だ。

これに先立ち米国務省のロバート・キング北朝鮮人権担当特使と北朝鮮外務省の李根(リ・グン)米州局長は15日に北京で会い、‘栄養支援’問題を協議した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP