주요 기사 바로가기

韓国人気キャラクターの開発者「すぐには宮崎駿になれない」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.10.31 16:52
0
「すぐに宮崎駿になるという夢はあきらめてください。 その方も多くの試行錯誤を経験したのです」。

人気キャラクター「ポロロ」の開発者チェ・ジョンイル・アイコニクス代表(46)は「世界市場で成功した中小企業になるためには、失敗の経験を滋養分として吸収する粘り強さが重要」と強調した。

28日にソウル三成洞(サムソンドン)COEXで開かれた「2011未来有望技術セミナー」で、グローバル市場の成功ノウハウを講演した席でだ。

この日、チェ代表は「虹の戦記イリス」と「守護妖精ミシェル」など自分の失敗例を列挙した。 チェ代表は「ミシェルの制作で会社がつぶれそうになった」とし「その後、一日一編ずつ外国アニメを分析し、独特のキャラクターや目標について悩んだ」と紹介した。

「『虹の戦記イリス』や『特殊救助隊』の場合、ストーリーは悪くなかったが、内容が過度に教訓的だったという点が失敗要因になった。 子どものレベルに合わせられなかった」。

こうして誕生したのが「ポロロ」。 ペンギンを素材にしたポロロは現在、ブランド価値が3800億ウォン(約270億円)にのぼり、輸出国は120カ国を超える。 昨年のロイヤルティー収入は150億ウォンだった。チェ代表は「こうした市場で成功するには初期段階から企画力が重要になる」と語った。

この日のセミナーにはソウル・釜山(プサン)・大邱(テグ)・光州(クァンジュ)から約5000人の中小企業関係者が出席した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP