주요 기사 바로가기

久石譲、6年ぶり来韓公演…「トンマッコルへようこそ」など韓国とも縁(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.01.11 17:33
0



アニメーション、二度と帰ることができない童心の本籍地。日本映画音楽の巨匠、久石譲氏(61)はその童心の世界を音楽で描き出した。久石氏は日本の国宝級アニメ監督、宮崎駿氏の長い間のパートナーだ。1894年の「風の谷のナウシカ」から30年近く、宮崎アニメを変奏してきた。

久石氏の音楽はシンプルな構成と叙情的な旋律が特徴だ。久石氏の演奏曲を聴くと、かつて見たアニメ映画の中に吸い込まれるような錯覚に陥る。

しかし私たちの人生は変わった。アニメに情熱を向けた幼い時代からかなり遠ざかっている。それだけに、変わりのない久石氏の音楽は、変化の多い私たちに痛みを覚えさせる。久石氏の音楽は、私たちの中にそのまま入ってくるのではなく、むしろ大人になった私たちの痛みを聞いてくれるようだ。

久石氏が6年ぶりに来韓公演を行う。18、19日午後8時、ソウル世宗(セジョン)文化会館大劇場舞台に立つ。コリアンシンフォニーオーケストラを指揮しながら、ピアノ演奏も聴かせてくれる。「となりのトトロ」「崖の上のポニョ」など代表的なOST音楽を聞くことができる。久石氏にメールインタビューを行った。

--6年ぶりの韓国コンサートとなる。

「05の年韓国公演は本当に忘れられない舞台だった。一曲が終わる度に伝わってきた客席の熱い感動、オーケストラの情熱を今でも思い出す。今回も韓国の観客の独特の情熱が期待される。客席と演奏者が一緒に呼吸をする公演になるだろう」

久石は韓国との縁が深いほうだ。映画「トンマッコルへようこそ」とドラマ「太王四神記」の音楽を担当した。特に「トンマッコルへようこそ」の場合、制作スタッフが台本をすべて日本語に翻訳し、久石氏の承諾を受けた。

--韓国と日本の作業で違う点は。

「日本の場合はすべてのことがすっきりと整理されている感じだ。しかしよく整理されているからといって必ずしも良い作品が生まれるというわけではない。一方、韓国人からは、やや荒くても隠さずに伝えようという強靭さが感じられる。韓国のチームと作業をしながら、こうした強靭さに強い刺激を受けた」

久石氏は4歳の時にバイオリンを習い始めて音楽の第一歩を踏み出した。ピアノはずっと習い続け、中学生時代にはブラスバンドでトランペット、サキソホン、トロンボーンなどを吹いたりもした。

日本国立音大で作曲学修士を取得したが、久石氏のさまざまな音楽的な体験は、後にエレクトロニクスとクラシックの接続など破格的な実験にもつながった。


久石譲、6年ぶり来韓公演…「トンマッコルへようこそ」など韓国とも縁(2)

【今日のイチオシ記事】
・韓日国防相会談に中国は戦々恐々
・<アジア杯>韓国、2-1でバーレーンに勝利…具滋哲が2得点
・三星のスライディングPCに「ワォ」と感嘆
・CNBLUE、日本でオリコンデイリーランキング2位に
・【コラム】日本が安保パートナーになるには
 

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    久石譲、6年ぶり来韓公演…「トンマッコルへようこそ」など韓国とも縁(1)

    2011.01.11 17:33
    뉴스 메뉴 보기
    日本映画音楽の巨匠、久石譲氏。18、19日、ソウル世宗(セジョン)文化会館で6年ぶりの来韓公演を行う。
    TOP