주요 기사 바로가기

<取材日記>「韓国野党のFTA阻止はハリウッドアクション」(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.10.28 16:12
0
シンクタンク「ヘリティジ財団」のブルース・クリンナー北東アジア担当研究員がマイクを握った。 クリンナー研究員は「李明博(イ・ミョンバク)大統領の任期があまり残っていないが、大統領参謀のスキャンダルでますます人気が落ちている韓国の多数党は、韓米FTA処理を控えて世論の動きを気にしている」とし「こうした与党に対抗して、韓国の野党は犠牲の羊(victim)になりたがっている」と述べた。

補充説明のために例まで挙げた。 「あたかもワールドカップ(W杯)サッカー試合でDFの足に引っかかって倒れた選手がペナルティーキックを得るために大けがにあったように‘シミュレーション動作(ハリウッドアクション)’をしている」。

太平洋を渡った米議会で、韓米FTA批准案処理をめぐる韓国国会と韓国政治の内部事情が赤裸々に分析されている瞬間だった。

隣に座っていたクリス・ネルソン氏は「韓国のソウル市長選の結果はどうなっているのか」と記者に尋ねた。 ワシントン政界の情報誌「ネルソンリポート」を作成する人物だ。 「出口調査の結果、朴元淳(パク・ウォンスン)候補の勝利が予想されていて、その通りになりそうだ」と答えると、ネルソン氏が独り言でぶつぶつとつぶやいた。 「韓国の政治が激しく動きそうだ…」

朴承煕(パク・スンヒ)ワシントン特派員


<取材日記>「韓国野党のFTA阻止はハリウッドアクション」(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP