주요 기사 바로가기

ウィンドウズフォン社長「サムスン電子のプラットホーム開発、成功は難しい」(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.10.28 15:19
0
--ウィンドウズフォンの成長戦略は。

「ガートナーやIDCなど市場調査会社は2015年にウィンドウズフォンがモバイルOS2位(シェア19.5%)になると予想した(今年4-6月期のシェアは1.6%で6位)。 サムスン電子・ノキアなど良いハードウェア企業とパートナーシップを結んだ。 中低価を含む幅広い価格帯のスマートフォンを販売し、‘価格戦争’へ向かうだろう。 アップルは高価市場にこだわってシェアを失っているが、ウィンドウズフォンは来年、中国などエマージング市場に進出する計画だ」

--最近、IT業界で繰り広げられている特許戦争は業界のためによいことなのか。

「不幸にもそうだ。 知的財産権が唯一の資産であるMSは私たちの特許を使えないように防ぐのではなく、使用できるようにライセンスを与えるのが基本政策だ。 特許料を受けることで収益を増やし、それでまた投資できるという好循環が起きる。 市場では健全な競争が行われ、その結果、消費者も恩恵を受ける」

--サムスン電子の独自のプラットホーム開発をどう見るか。

「成功は難しそうだ。 ノキアのシンビアン、RIMのブラックベリー、HPのウェブOSも成功しなかった。 プラットホームはIT生態系をつくる仕事だ。 スマートフォンだけでなく、クラウド、パソコン、テレビまで包括しなければならないが、サムスンはスマートフォン程度しか考えていないようだ」


ウィンドウズフォン社長「サムスン電子のプラットホーム開発、成功は難しい」(1)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP