주요 기사 바로가기

【コラム】世界最大市場の中国は韓国の前庭(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.10.27 16:51
0
先進国の国民の懐事情が極度に悪化し、中国消費市場が世界企業の新しい「決戦場」に浮上した。 中国消費市場の規模は単に中国の人口だけで論じることはできない。 中国は非常に高い貯蓄率と健全な財政状態を持つ国だ。 「国民が借金から返済しなければならない」先進消費市場とは潜在力からして違う。

世界企業の激戦場の中国消費市場で、韓国企業はチョコパイから文化コンテンツにいたるまで多方面にわたり目覚ましい成果を出している。 中国人の観光需要も韓国企業の収益に寄与している。

韓国企業が中国消費市場で優れた成果を出せるのは、韓国と中国が地理的に、また文化的に隣接した国という点にある。 対馬海戦の日本海軍が享受した利点と似ている。 距離が近いだけでなく、消費者の習慣や価値観を理解できるという点で、地球の反対側にあるライバルに比べて優位に立てるのだ。 にもかかわらず韓国企業の株価が地球の反対側にあるライバルの株価よりむしろ安く取引されている。 おかしいと感じているのは私だけではないはずだ。

キム・ドヒョン・サムスン証券プレミアム相談1センター長


【コラム】世界最大市場の中国は韓国の前庭(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP