주요 기사 바로가기

【コラム】世界最大市場の中国は韓国の前庭(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.10.27 16:51
0
20世紀初め、アジアの一国にすぎなかった日本を世界の舞台に飛躍させたのは日露戦争だ。 いかなる理由であれ、ヨーロッパの大国を相手に東洋の小国が勝ったのだから、世界の列強は日本という国を過去とは違う目で見るしかなかった。 日露戦争当時、日本海軍がロシアのバルチック艦隊を韓日海峡で撃滅させた対馬海戦は、世界4大海戦の一つに挙げられる。

しかし対馬海戦は日本海軍にとって非常に有利な条件で行われた。 戦闘が始まる前から勝敗が決まっていたともいえる。 ロシアのバルチック艦隊は地球の反対側を出発し、3万キロを超える大航海をしてから戦闘に入った。 人が石炭を運んで燃料としていた当時の戦艦が、なんと9カ月間の航海をしていたのだ。 ボクシング選手に例えると、マラソンを完走した後にリングに上がる格好だ。 とうてい‘本来のコンディション’で戦闘に臨むことはできなかった。 一方、日本海軍としては熱心に訓練しながら敵の動向を見ていればよかった。 これほど有利な条件があるだろか。

決戦の場所も日本本土から近かった。 日本海軍には大きな利点だった。 日本海軍は大型戦艦から魚雷艇にいたるまで、すべての艦艇を計画的に投入できた。 ロシア艦隊は昼には性能が優れた日本海軍の艦砲にやられた。 夜には小型魚雷艇と駆逐艦の魚雷攻撃に苦しんだ。 決戦の場所が‘前庭’の日本海軍としては敗れるはずがない戦争だったのだろう。
【コラム】世界最大市場の中国は韓国の前庭(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP