주요 기사 바로가기

ジョブズ追悼式にサムスン社長が招請される…訴訟戦の転機なるか(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.10.17 08:46
0
李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子社長(44)が米国で行われるスティーブ・ジョブズ・アップル創業者の追悼式に招請された。特許訴訟による両社の葛藤がピークに達している状況で、ティム・クック・アップル最高経営責任者(CEO)が李社長を招いたのだ。これを機に全面戦争様相に向かっている訴訟戦に新たな転機が生じるかどうかが注目される。今回の対面は少なくとも、激しい訴訟戦にもかかわらず部品産業を媒介とする両社間の協力関係は変わらないことを対内外的に誇示する契機になりそうだ。

15日付ウォールストリートジャーナル(WSJ)など海外メディアによると、李社長は現地時間の16日晩(日本時間17日)、カリフォルニア州スタンフォード大で開催されるジョブズの非公開追悼式に出席する。この日の追悼式にはジョブズと親しかった知人とシリコンバレーの有名人だけが招請されたという。

李社長は生前、ジョブズと何度か会った。しかし太平洋を渡って追悼式への出席を要請するほど個人的に深い関係とはいいにくい。にもかかわらずクックCEOが李社長を招請し、李社長も快く応じたことに対し、さまざまな解釈が出ている。ひとまずアップルもますます激しくなる訴訟戦に少なからず負担を感じているという分析だ。

サムスンの関係者は「今回の訴訟戦自体は、サムスンのロイヤルティー要求に負担を感じたアップルが反撃レベルで始めたものだ」と主張した。iPhone・iPadが使用したサムスンの第3世代(3G)移動通信標準特許に対してサムスンが使用料を要求し、アップルがその金額を低めようと訴訟というカードを取り出したという説明だ。

このため訴訟が長期化すればアップルにも有利な点はないという。サムスンがiPhone・iPad販売禁止仮処分申請を棄却したオランダ裁判所の14日の判決に対しても「事実上、サムスンの勝利」と主張する背景だ。ハーグ裁判所は判決の但書条項で、アップルがサムスンにロイヤルティーを支払うべきだと明示した。


ジョブズ追悼式にサムスン社長が招請される…訴訟戦の転機なるか(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    ジョブズ追悼式にサムスン社長が招請される…訴訟戦の転機なるか(1)

    2011.10.17 08:46
    뉴스 메뉴 보기
    ティム・クック・アップル最高経営責任者(左)と李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子社長。
    TOP