주요 기사 바로가기

<サッカー>韓国、ポーランドと2-2引分け…朴主永が2得点

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2011.10.08 07:17
0
誰かをアシストするのは朴主永(パク・ジュヨン、26、アーセナル)の体質に合わない。自分が中心に立ってこそ活躍する。李東国(イ・ドングク)が抜けると、朴主永(パク・ジュヨン)の真価が表れた。キャプテン朴主永が危機の趙広来(チョ・グァンレ)チームを救った。

朴主永は7日、ソウルワールドカップ(W杯)競技場で行われたポーランドとの評価試合で2得点した。試合は2-2で引き分けたが、朴主永の活躍は11日に行われるワールドカップ予選・アラブ首長国連邦(UAE)戦に向けて好材料となった。

韓国代表で3試合連続のゴール(計6得点)。しかし交代選手が7人になったため、国際サッカー連盟(FIFA)からAマッチ記録として認められなくなった。2得点が認められれば、朴主永はAマッチ23得点となっていた。

朴主永はポーランド戦で大活躍し、所属チームでの悔しさを晴らした。アーセナルに移籍したものの、移籍後に行われた7試合で出場はわずか1試合。先月21日(日本時間)のイングランド舞台デビュー戦となったシュルズベリーとのカーリングカップ32強戦では試合内容がよくなかった。気楽にプレーできる韓国代表チームで、朴主永は所属チームで奮発するきっかけを作ったといえる。

試合前、趙広来監督は「朴主永のコンディションは以前より上がっている。所属チームがなかった頃は試合感覚が鈍っていた。アーセナルでチーム練習を頑張って消化しているので、これからもっとよくなるだろう」と期待を表していた。朴主永は趙監督の期待に100%応えた。

2試合連続の引き分けで課題を残した趙広来チームは11日、水原(スウォン)ワールドカップ競技場でUAEとW杯3次予選第3戦を行う。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <サッカー>韓国、ポーランドと2-2引分け…朴主永が2得点

    2011.10.08 07:17
    뉴스 메뉴 보기
    ポーランド戦で2ゴールを決めた韓国代表の主将・朴主永(パク・ジュヨン、26、アーセナル)
    TOP