주요 기사 바로가기

<IFA>繊細な「Sペン」で肖像画…三星「ギャラクシーノート」を使ってみると(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.09.06 15:40
0
最も大きな特徴は専用ペンの「Sペン」。 三星電子の李永熙(イ・ヨンヒ)専務は「最先端デバイスにペンというアナログ的な感性を結合した」と紹介した。 Sペンはギャラクシーノート専用の「Sメモ」アプリケーションを活用すれば有用性がさらに高まる。 Sペンで画面に文字を書けば、その状態のまま入力される。 筆記具の形態も選択できる。 一般的なボールペンから太ふでまで、色と太さを選択できる。 またSペンを利用してスクリーンキャプチャーと編集も可能だ。 筆記感も繊細で自然だった。

実際、この日の展示場の隅では、Sペンを活用してその場で観覧客のカリカチュアを描くイベントも行われていた。 Sペンで繊細な作業まで可能だという点をアピールしている。 イベント場所を訪れた人たちはテキスト変換機能に注目した。 Sメモに書いた文字はすぐにテキストに転換できた。 従来のデバイスは手書きをイメージファイル(PDFなど)形態で保存するのが一般的だった。 バッテリー容量は2500mAh(ミリアンペア時)で一般的なスマートフォンバッテリー(1500mAh程度)より40%ほど大きい。

しかし「スマートフォンとタブレットPCの機能をすべて備えたタブレットフォン」というポジションはややあいまいに映った。 両方の機能を備えているが、どちらも完壁ではないからだ。 タブレットPCとして使用するにはやや画面が小さいという印象を受ける。 また従来のギャラクシーライン製品のデザインと大きな差がないため、デザインだけで消費者にアピールする場合は限界があるとみられる。
<IFA>繊細좂「Sペン」で肖像画…三星「ギャラクシーノート」を使ってみると(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP