주요 기사 바로가기

ジョブズ氏引退…ライバルの三星株2.4%値上がり(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.08.26 09:16
0
実際、ジョブズの一線後退とは関係なく、グローバルIT地図はハードウェアとソフトウェアを双頭馬車として走る、いわゆる「コンバージェンスIT企業」が次々と登場しながら急変している。

グーグルのモトローラ・モビリティ買収が最近のケースだ。基本ソフト(OS)アンドロイドなどソフトウェアの強者であるグーグルがハードウェア企業まで保有することになり、業界を緊張させた。代表的なコンバージェンスIT企業のアップルのように「ソフトウェア-コンテンツ-ハードウェア」を網羅した企業がもう一つ誕生したという危機感のためだ。

アンドロイドを基盤にしたグーグル生態系が構築されれば、国内企業の位置づけはむしろ狭まるという展望もある。このため今こそ国内IT業界がソフトウェアの強化に集中する必要があるという指摘も出ている。

LG経済研究院のソ・ギマン研究委員は「OSもなくソフトウェアもないこの状態に国内企業がとどまっていれば、ジョブズの引退とは関係なく、これ以上よくなることはないだろう」と指摘した。
ジョブズ氏引退…ライバルの三星株2.4%値上がり(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP