주요 기사 바로가기

<サッカー>“急成長”の日本、挑戦者になった韓国代表

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2011.08.08 14:54
0
状況が逆転した。これまで日本サッカーは韓国より下という認識が強かった。 A代表チーム間の対戦で韓国は40勝12敗22分けと圧倒的優位だ。 昨年5月、2010南アフリカワールドカップ(W杯)を控えて埼玉で評価試合を行った時、日本メディアは韓国サッカーを「史上最強」として恐れた。実際、この試合で韓国は岡田監督率いる日本を3-1で降した。 日本メディアは当時、W杯でみじめな思いをしたくなければ今からあきらめるべきだという悲観的な見方を示した。 しかし岡田ジャパンは南アフリカW杯で韓国と同じく決勝トーナメントに進出した。

その後、韓国サッカーは停滞した。 一方の日本サッカーは旭日昇天している。 2010年広州アジア競技大会で日本は男子・女子サッカーとも金メダルを獲得した。 2011年、日本サッカーは全盛期を迎えている。 日本は1月にカタールで開催されたアジアカップの準決勝で韓国を破って決勝に進出し、優勝をつかんだ。7月にドイツで開催された女子W杯でもアジアの国では初めて国際サッカー連盟(FIFA)が主管する成人大会で頂点に立った。 日本サッカーは野球の人気を越えてピークを迎えている。 日本の新聞の1面にはサッカーのニュースが出ている。 大地震の被害に苦しむ日本人に、世界一になった‘なでしこ’は大きな力を与えた。

日本サッカーの成長は20年前から緻密に準備されたものだ。 大分トリニータ元顧問の朴景浩氏は「日本はJリーグを発足させる前からW杯の頂点に立つために緻密な準備をしてきた。 ユース代表から成人代表まですべて同じ体制で練習をする」と説明した。 また「アジアを越えてヨーロッパに追いつくため、スペインなどで合宿をし、実力を高める」と説明した。

日本メディアもザッケローニ監督率いる現在の代表チームを「欧州サムライ」と呼びながら持ち上げている。 欧州組は14人にのぼる。 ほとんどチームの主力としてプレーするほど成長している。

韓国A代表チームの趙広来(チョ・グァンレ)監督も日本サッカーの勢いを警戒している。 趙監督は7日、坡州(パジュ)NFCで行ったインタビューで「私が代表でプレーした当時はいつも日本に勝っていたので、試合前に結果を気することはなかった。 しかし最近の日本サッカーは世界に近いレベルに上がっている。 韓国もW杯を通して大きく上昇したが、日本サッカーは無視できないレベルだ」と緊張感を表した。 趙監督は「今回の韓日戦は韓国と日本のサッカーが世界という目標に向かって競争しながら行う試合。 勝つために知恵を集め、ファンにおもしろい試合を見せたい」と意気込みを表した。

韓国代表は8日、仁川(インチョン)空港から日本の札幌へ向かった。 韓国は10日、日本を相手にアウエー戦を行う。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <サッカー>“急成長”の日本、挑戦者になった韓国代表

    2011.08.08 14:54
    뉴스 메뉴 보기
    今月10日に札幌ドームでサッカー日韓親善試合が行われる。
    TOP