주요 기사 바로가기

中国、大量の米国債に当惑…日本、円高阻止に戦々恐々(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.08.08 09:34
0
米国の信用格付け引き下げで世界各国が慌ただしくなった。米国債保有1・2位の中国と日本は自国に及ぼす影響に備え計算機を叩いている。

中国は当惑しながらも推移を見守ろうという雰囲気だ。中国は外貨準備高の3分の2程度の1兆1600億ドルを米国債などドル建て資産で運用している。米国債の価値が下がれば金銭的打撃を受ける。このため中国当局者は引き下げ前から米国に警告を送っていた。楊潔チ中国外相は4日、「米国が責任ある通貨政策を進め、ドル建て資産の安全性を保障するよう願う」と話した。これに先立ち中国人民銀行の周小川頭取も、「米国が債務問題を適切に処理し、投資安全と市場の正常作動を保障することを希望する」と強調していた。

中国政府は公式な立場表明をしないでいる。ただ官営メディアは声をあげている。新華社通信は7日、「中国は構造的債務危機に対する説明とドル建て資産の安全を米国に要求する権利がある」と強調した。続けて「米国が借金中毒を治すため自分の能力の範囲内で生きなければならないという常識を再確立する必要がある」と伝えた。
中国、大量の米国債に当惑…日本、円高阻止に戦々恐々(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    中国、大量の米国債に当惑…日本、円高阻止に戦々恐々(1)

    2011.08.08 09:34
    뉴스 메뉴 보기
    楊潔チ中国外相(左)と五十嵐文彦日本財務副大臣。
    TOP