주요 기사 바로가기

【コラム】「独島ポピュリズム」はだめだ(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.08.05 10:36
0
いまは冷静に中間計算書を出してみよう。独島問題話だ。日本の国会議員3人が鬱陵島(ウルルンド)を“視察”するとして金浦(キンポ)空港に降り立った。韓国は出入国管理法を掲げ入国自体を拒否した。議員は「われわれがテロリストにでもなったというのか」として9時間にわたり空港でデモを行った。ツイッターで自国民を扇動し、「われわれを拘置所に閉じ込めようとしている」という虚偽の主張までした。帰国した彼らは一躍有名人になった。

政治的に利益が出る商売ということを直感した同僚議員が相次ぎ「われわれも鬱陵島に行く」と言い出した。当初は右翼産経新聞を除き静かだった日本のメディアも大きく報道し始めた。国際的にも注目された。米国務省副報道官が「韓日両国が平和的で外交的に解決策を用意することを期待する」とコメントしたこと自体が独島を紛争地域と認めるものであるから日本としては満足なことだ。いったい誰がこのように事態を広げたのか。もちろん日本の議員が先に挑発した。彼らの突出した行動は韓国の国民感情にだけ照らしてみるなら“テロリスト”に匹敵する。少なくとも当たり屋級だ。それでは当たり屋に巻き込まれた間抜けたちはうまくやったという話なのか? 全く違う。

そこで「独島ポピュリズム」という話が出る。独島が韓国領ということに異議はありえない。しかし愛国心は口に唾を跳ばす人の専有物でない。特に政治家たちが国民感情に便乗する姿を見ると独島私有化という感じまで受ける。独島愛と愛国心は声の大きい政治家だけのものでもないのにだ。初めから強硬発言をした李在五(イ・ジェオ)特任長官、そこに一時乗っかった李明博(イ・ミョンバク)大統領も失敗したとみる。政界の実力者に大統領まで出てきたせいで、独島問題はあっという間に過剰な代表性を帯びてしまった。日本の記者たちが2~3日の2日間に鬱陵島を取材したという事実が明らかになると鬱陵郡は外国人訪問客管理を強化するとした。江陵(カンヌン)~鬱陵島・独島を運航する定期旅客船は日本人の乗船を無期限で拒否することにした。日本人が鬱陵郡から許可証の交付を受け独島に行くことが韓国の領有権確認に有利だという考えをなぜできないのかもどかしい。
【コラム】「独島ポピュリズム」はだめだ(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP