주요 기사 바로가기

“折り紙の神”神谷さん、韓国の“折り紙の神童”を日本に招待(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.07.19 15:45
0
紙で夢を折る2人の男が手を取り合った。鋭敏な感覚と高度な忍耐力が宿っている手だ。1人は日本の“折り紙の神”と呼ばれている神谷哲史さん(30)と、もう1人は第2の神谷を夢見る韓国のイ・インソン君(16、新泰仁高2年)だ。

日本・東京の折り紙文化院「おりがみはうす」で今月11日、2人はついに対面した。イ君が師匠になってほしいと頼むと、日本の方からイ君を招待したのだ。

神谷さんと握手をするイ君の手は冷汗をびっしょりかいていた。小柄ながらも鋭い目つきの青年、神谷さんは無口な方だった。幼い頃から1人で作品活動をしてきたため、他人と一緒にいることにあまり慣れていないという。彼は2歳の時に初めて折り紙を手にし、独学で折り紙を折る中、13歳の時に日本折り紙協会に入った。1999年からTVチャンピオン折り紙王選手権で4年連続優勝に輝き、全国的な耳目を集めた。彼は縦横3メートルの紙を約2年にわたって折りつづけ、“龍神”という作品を完成させた。

イ君は神谷さんに折り紙の過程と失敗について質問した。

--昆虫、動物、神話の中のキャラクターなど、先生の作品は本当に複雑で、同じように折るのが大変です。どのようにしてこのようなアイデアを考え出すのですか?

「まず折りたいものを決めたら、頭の中で一度折って見るのです。龍を折っても、自分だけの龍を想像するのです。そして今まで折った作品からどんなふうに発展させられるか悩みます。“龍神”を完成させるまでに2年かかりましたが、昆虫から蛇、蛇からトカゲというように発展させていったのです」
“折り紙の神”徐谷さん、韓国の“折り紙の神童”を日本に招待(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    “折り紙の神”神谷さん、韓国の“折り紙の神童”を日本に招待(1)

    2011.07.19 15:45
    뉴스 메뉴 보기
    日本・東京の折り紙文化院「おりがみはうす」で今月11日、神谷哲史さん(右)とイ・インソン君が会った。
    TOP