주요 기사 바로가기

「辛ラーメンブラック」虚偽・誇張で農心に課徴金

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.06.28 15:01
0
「プレミアム」を標ぼうしながら従来の商品の2倍以上の価格をつけた「辛ラーメンブラック」が27日、公正取引委員会の制裁を受けた。 1億5500万ウォン(約1150万円)の課徴金も科された。 不当な値上げや談合があったことが明らかになったわけではない。

公正委は「辛ラーメンブラックの表示・広告が虚偽・誇張された」という結論を出した。 公正取引法ではなく表示・広告法違反ということだ。 公正委が問題視した「辛ラーメンブラック」の広告内容は大きく2つ。 一つは「ソルロンタン(牛肉スープ)1杯分の栄養が含まれている」というものだ。 これに関し公正委は「辛ラーメンブラック」の営養分はソルロンタンに比べて炭水化物が78%、たんぱく質が72%、鉄分が4%にしかならず誇張だと判断した。 また「消費者が過剰摂取を心配する脂肪は3.3倍多く、ナトリウム含有量は1.2倍にのぼる」と指摘した。 ソルロンタンの営養分推定には国立農業科学院の資料が活用された。

「辛ラーメンブラック」が「炭水化物、脂肪、たんぱく質の比率が最も理想的な栄養バランス食品」であり、「完全食品に近い」という内容も「虚偽・誇張」判定を受けた。 農心(ノンシム)社は「炭水化物60:脂肪27:たんぱく質13」を‘完壁なバランス’と表現した。 しかし公正委は消費者別に異なる理想的な摂取比率を根拠に完全食品を論じること自体がおかしいという立場だ。 農心が主張する比率についても「日本農林水産省が肉類の消費を抑えてコメの消費を促進するために出したものだ」と反論した。 さらに「こういう基準ならチャジャン麺も完全食品に近い食品になる」と述べた。

この日、農心側の関係者は「公正委の決定を受け入れる」とし 「辛ラーメンブラックはそれなりに正直に作った製品であり、表示・広告に問題があるということで、製品自体には問題はない。従来の辛ラーメンとともに世界的な食品に育成する計画」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「辛ラーメンブラック」虚偽・誇張で農心に課徴金

    2011.06.28 15:01
    뉴스 메뉴 보기
    辛ラーメンブラック。
    TOP