주요 기사 바로가기

ソニー、オンラインエンタテインメントもハッキング被害

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.05.04 12:32
0
日本のソニーがもう一つのハッキング被害を明らかにした。

ソニーは3日、「オンラインエンタテインメントがハッキングされたことを2日に発見した」と発表した。また「追加被害を防ぐためにオンラインエンタテインメントびネットワークを全面閉鎖した」と伝えた。

ソニーのオンラインエンタテインメントでは、パソコン使用者がインターネットに接続して他の人とゲームができる。このネットワークを活用して、ネットユーザーはフェースブックを基盤にゲームを楽しんだりもする。一方、プレイステーションネットワークはビデオゲーム機のプレイステーションをネットワークに連結したものだ。オンラインゲームのハッキング被害者は計2460万人と暫定集計された。顧客の名前・住所・電子メール・生年月日・電話番号などがハッカーの手に渡った。

これに先立って公開されたプレイステーション被害者まで合わせると、ソニーのハッキング被害者は計1億160万人にのぼる。ブルームバーグ通信はこの日、セキュリティー専門家の言葉を借りて「被害規模はさらに増える可能性が高い」と報じた。さらにソニーはハッキングで顧客2万3400人のクレジットカード情報まで盗まれた。被害者は主にドイツ・スペイン・オーストリア・オランダの顧客と把握されている。プレイステーションネットワークのハッキングではクレジットカード情報が流出した可能性だけが提起されている状態だ。ソニーは「まだハッカーが顧客の個人情報やクレジットカード情報を売ろうとする兆候は見られない」と主張した。

ソニーはオンラインゲームネットワークがハッキングされた事実を半月以上も気づかずにいた。ロイター通信はこの日、「オンラインゲームネットワークはプレイステーションネットワークが侵犯される一日前にハッキングされた」と報じた。ハッカーは先月16日と19日の二度、プレイステーションネットワークに侵入した。ロイターの報道が正しければ、オンライン ゲームネットワークは先月15日にハッキングされたことになる。

ソニーは非常に微妙な時期に追加ハッキングの事実を明らかにした。次期会長の筆頭候補である平井一夫コンピュータエンタテインメント部門代表がハッキングされたことを謝罪し、再発防止を約束した翌日、追加のハッキングが明らかになった。このためソニーの対外的な信頼性だけでなく、社内の後継競争にも影響を及ぼす可能性が高い。
【今日のイチオシ記事】
・「ニュートリノ研究」で期待される韓国ノーベル物理学賞
・韓国の放送局の撮影監督が福島で被曝
・【社説】大韓民国の国格をつぶす外交官
・抜き打ち検査で‘酔っ払い’機長摘発…「飲み過ぎてはいない」
・北朝鮮、要求拒否の在日出身者を処刑する背景
 

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP