주요 기사 바로가기

ソニー、ハッキングで7500万人の個人情報流出…韓国人利用者も被害

ⓒ 中央日報日本語版2011.04.27 12:01
0
ソニーが運営するゲームおよび映画コンテンツサービス「プレイステーションネットワーク(PSN)」にハッカーが侵入し、7500万人以上の会員情報が流出したことが明らかになった。特に今回の個人情報流出には韓国内の利用者の情報も含まれていることが確認された。

ソニーの米国事業総括会社ソニーコーポレーションアメリカ(SCA)は26日(現地時間)、「ハッカーがPSNとキュリオシティに侵入し、7500万人の顧客の名前、住所、国、電子メール、誕生日、暗証番号などの情報を盗み出したとみられる」と述べた。ソニーは17日から19日の間にハッカーがPSNに侵入したと見ている。

これを受け、ソニー側は20日からPSNとキュリオシティのサービスを中断した状態で、サービスの再開も不透明だという。ソニー・コンピュータエンターテイメント・コリアの関係者は「韓国内で一日の平均訪問者は5万人から8万人」とし「個人情報流出の被害者に対する補償問題や現在サービス中断されているPSNのサービス再開日などは今後公示する」と伝えた。
【今日のイチオシ記事】
・【コラム】失敗して学ぶ野村の海外挑戦
・【コラム】「ミシュランレストラン」 なぜソウルにはないのか
・「韓日関係が円満であってこそ支援もできる」
・元KARAメンバー、ウェディング写真を公開
・韓国人が現地で最も多く引き出す貨幣は?
 

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP