주요 기사 바로가기

韓国陸軍一等兵、後輩へのわいせつ行為で調査中に焼身自殺

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.05.02 10:22
0
1日午前9時17分ごろ、ソウル内谷洞(ネゴクトン)にある韓国国防部直轄部隊化学兵器防護司令部の屋外駐車場で、同部隊所属の陸軍キム一等兵(20)が体に軽油をかけて焼身し、その場で死亡したと、軍関係者がこの日明らかにした。

この関係者は「現場を目撃したある幹部が炎に包まれたキム一等兵を見て駆けつけ、消火器で火を消したが、現場で死亡した」と説明した。キム一等兵は前日夜、後任のA二等兵にわいせつ行為をした疑いで、この日午前、部隊で調査を受けていた。

国防部の関係者は「1日朝、新兵のA二等兵がキム一等兵のわいせつ行為を申告し、部隊で調べていた」とし「調査中、キム一等兵が『お手洗いに行く』と言って出て行った後、焼身したと理解している」と話した。

この関係者は「キム一等兵が焼身したのは調査を始めたばかりの時で、調査過程で過酷行為はなかったという報告が一次的に入っている」と伝えた。

軍当局は、キム一等兵の遺族に死亡の事実を通知して現場を保存している一方、目撃者とA二等兵、部隊の同僚らを相手に正確な事件経緯を調査している。
【今日のイチオシ記事】
・日本人観光客を乗せたバス、歩道橋に突っ込んで10人負傷…ソウル
・韓国政府、東海・日本海の併記を要請
・<フィギュア>キム・ヨナ、足首をけがしていた…闘魂も“クイーン”
・【取材日記】キム・ヨナのアリラン…大韓民国に捧げる「オマージュ」
・パリ都心でK-POPファン300人が公演追加を要求


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP