주요 기사 바로가기

日本アニメの巨匠、出崎統監督が死去

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.04.19 11:58
0



「ベルサイユのばら」「宝島」など人気アニメーションを制作した出崎統監督が17日に肺がんのため死去した。68歳だった。

出崎監督は1943年に東京で生まれ、高校時代から漫画を描いていた。60年代に「鉄腕アトム」「悟空の大冒険」などを作った手塚治虫監督の下でアニメーションを学んだ。

その後、70年に「あしたのジョー」でデビューし、強烈な絵、光を強調した技法、止め絵などの技法で独特の世界を構築した。写実的なキャラクターを作り出したことでも有名だ。

「ベルサイユのばら」「宝島」「あしたのジョー」などは韓国のテレビでも放映され人気を呼んだ。

2000年代まで作品活動を継続し、「ブラックジャック」「エースをねらえ!」などの代表作を残した。


【今日のイチオシ記事】
・NASAも米国務省も「東海」から「日本海」表記へ
・中国高官、金正恩を4回にわたり招請
・部品すべて交換したというが…古里原発の非常発電機は33年前の製品
・キム・テヒにこんな姿が…強烈シャワー写真が話題
・アップル「特許権侵害」 三星電子「断固対応」
 

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    日本アニメの巨匠、出崎統監督が死去

    2011.04.19 11:58
    뉴스 메뉴 보기
    18日、肺がんのため亡くなった出崎統監督。
    TOP