주요 기사 바로가기

<フィギュア>キム・ヨナ、帰国後初練習で「ジゼル」の動作を公開

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2011.03.22 16:38
0



‘フィギュアクイーン’キム・ヨナ(21、高麗大)が帰国後の初練習で「ジゼル」の動作を公開した。22日、泰陵(テルン)室内スケートリンクで行われた初公開練習は、キム・ヨナにとっても特別な時間だった。普段は化粧もせず練習することが多いキム・ヨナは、この日、薄く化粧をして氷上に立った。

メディア公開は15分間ほどだったが、感情を込めた演技を見せた。スピンは相変わらず美しくステップも乱れることがなかった。「ジゼル」の背景曲の代わりに流行歌が流れたが、キム・ヨナは気にせず演技を消化した。

これまで帰国中はロッテワールド、ファソンスケートリンクなどで練習してきたキム・ヨナは、今回は泰陵スケートリンクで国家代表選手らと一緒に練習することになる。キム・ヨナは「久しぶりに韓国に来て練習をしたが、後輩と一緒にすることになり気分がいい。今日の練習ではショートプログラムを少しだけ見せた」と語った。

後輩もキム・ヨナとの練習に喜んでいるのは同じだ。ある関係者は「練習の後、子どもたちが『今日の練習ではなぜ誰も転倒しないのか。ヨナ姉さんが来てみんな緊張しているようだ』などとおしゃべりしていた。子どもたちにもキム・ヨナとの練習は良い経験になるだろう」と話した。

キム・ヨナは「今後の練習でも5月のアイスショーで公演する『ジゼル』に重点を置く。まだ公演に合わせた編集はできていない。小さなリンクで演技できるように練習した後、公演で完ぺきな姿を見せたい」と話した。

一方、21日から開催される予定だった2011フィギュアスケート世界選手権大会は、地震のため日本開催が中止になった中、大会が近いうちに欧州または北米で開かれる可能性が提起されている。

米シカゴトリビューンは22日、「チンクアンタ国際スケート競技連盟(ISU)会長が4月末または5月初めに、欧州または北米で世界選手権大会を開催できるだろうと展望した」と報じた。

チンクアンタ会長は同紙とのインタビューで「世界選手権大会を中国や台湾、韓国などの地で開催することはできない。これは日本の顔に泥を塗るようなものだ」と述べ、同紙は有力な開催候補地にロシア・フィンランド・米国などを挙げた。

チンクアンタ会長は24-25日に開催地を発表できるだろうと明らかにした。キム・ヨナはまだ開催日程と場所が決まっていない世界選手権大会に関し、「すぐに結果が出ると聞いた。普段通りに努力する」と話した。


【今日のイチオシ記事】
・K-2戦車、完全国産化に赤信号
・バフェット氏「韓国は成功するしかない国」
・在日米空軍、1カ月間「韓国待避」
・バフェット氏「もし日本株を持っていても今は売らない」
・「不満はあるが支えよう」 …菅首相36%支持率の逆説
 

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <フィギュア>キム・ヨナ、帰国後初練習で「ジゼル」の動作を公開

    2011.03.22 16:38
    뉴스 메뉴 보기
    帰国後の初練習で「ジゼル」の動作を公開したキム・ヨナ(21、高麗大、左)。
    TOP