주요 기사 바로가기

<フィギュア>キム・ヨナが帰国…「復帰戦延期は残念だが、日本のことを考えるべき」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.03.21 10:28
0



‘フィギュアクイーン’キム・ヨナ(21、高麗大)が8カ月ぶりに韓国に戻った。人気は相変わらずだった。キム・ヨナが現地練習地の米ロサンゼルスから帰国した20日午後、仁川(インチョン)空港はキム・ヨナを出迎えにきたファンで混雑した。

当初の予定ならキム・ヨナはこの日に日本に渡り、2011国際スケート競技連盟(ISU)フィギュアスケート世界選手権大会の適応準備に入ることになっていたが、日本で発生した史上最悪の地震で大会が予定(21-27日)通り開催できなくなり、韓国に帰国した。

キム・ヨナは「オリンピックシーズン後だったので、いつよりも心理的に厳しい準備期間を送った。体力が上がり、プログラムの完成度も高まるにつれ、自信が生じたが、大会の開催が不透明になり残念だ」とし「しかし今の状況で競技を先に考えるのはよくない。日本にこれ以上の被害がなければいい」と話した。

キム・ヨナは世界選手権大会のためショートプログラム「ジゼル」とフリー「オマージュ・トゥ・コリア」を準備した。大会は不透明になったが、キム・ヨナはアイスショーを通してファンの前で2つのプログラムを見せる予定だ。

キム・ヨナは「5月のアイスショーで『ジゼル』と新しく準備した演技を見せる予定。また10月のアイスショーで『オマージュ・トゥ・コリア』をアイスショーバージョンに作り直して見せたい」と語った。

韓国に滞在する間、キム・ヨナは泰陵(テルン)で練習を続けながら、2018平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック誘致活動に力を注ぐ予定だ。

キム・ヨナは「4月3日に英ロンドンに行って国際スポーツアコードに、5月(18-19日)にはスイス・ローザンヌで開催される国際オリンピック委員会(IOC)会議に出席する。また7月(6日)には南アフリカ・ダーバンでIOC総会に出る計画」とし「今は平昌広報大使の役割に集中しながら、ISUの世界選手権開催決定を見守る」と説明した。

キム・ヨナは「ファンは私が競技をする姿を待ったいたはずだが、非常に残念だ。5月のアイスショーで2倍頑張って久しぶりに韓国でいい姿を見せたい」と約束した。


【今日のイチオシ記事】
・<東日本大地震>韓半島の地表が歪む
・またKTXが事故…500人がトンネルで「恐怖の20分」
・「大地震の後遺症、長期化すれば韓国経済にも影響」
・チョン・ウソン、「気になる人」イ・ジアとの熱愛説を認める
・‘フィギュア・クイーン’キム・ヨナ、前所属事務所と法的紛争
 

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <フィギュア>キム・ヨナが帰国…「復帰戦延期は残念だが、日本のことを考えるべき」

    2011.03.21 10:28
    뉴스 메뉴 보기
    8カ月ぶりに韓国に戻った‘フィギュアクイーン’キム・ヨナ(21、高麗大)。
    TOP